食育コーナー 食べものについて学ぼう!食べもの豆知識

給食の献立について

学校給食は、成長に必要な栄養素がとれるように、栄養バランス、味、旬、彩りなど様々なことを考えて、栄養教諭が協力して献立をたてています。また、日本や世界の食文化を学べるように行事食や郷土料理、世界の料理など様々な料理がとりいれられています。

栄養バランスのとれた
おいしい献立作り

「主食・主菜・副菜」を知ろう!!

  • 主食・・・ごはんやパン、めん類など(エネルギーのもとになる食べもの)
  • 主菜・・・魚や肉、卵や大豆などを多く使ったおかず(からだをつくるもとになる食べもの)
  • 副菜・・・野菜やきのこ、いもや海藻類などを多く使ったおかず(からだの調子を整える食べもの)
献立1
  • 主食→ごはん
  • 主菜→さけの塩焼き
  • 副菜→みそしる,野菜の和え物
  • その他→果物,牛乳

学校給食は、主食、主菜、副菜、牛乳の他に、汁ものや果物などを組み合わせた栄養バランスの良い献立となっています。

食事は主食・主菜・副菜を基本にし、バランス良く食べましょう!

食べものの旬について

献立2

食べものには、それぞれの地域でよく育ち、たくさんとれる季節があります。
食べものが一番よくとれて、おいしくなった時期を食べものの「旬」と言います。
給食にも、色々な旬の食べものが使われています。
給食に出る旬の食べものを探してみましょう。

日本の行事食

学校では、入学式、運動会、遠足、卒業式などの行事があります。また、地域では祭りなど年間を通して様々な行事が行われます。このような行事には、その季節や内容にあった行事食があり、それぞれに意味があります。行事食にはどのようなものがあるのでしょうか。

献立3
  • ●2月「節分」〜いわし、いり豆
  • ●3月「桃の節句」〜ひなあられ、ひしもち、桜餅
  • ●5月「端午の節句」〜かしわもち、ちまき
  • ●7月「七夕」〜そうめん
  • ●12月「冬至」〜かぼちゃ
  • ※行事食は地域や家庭によってことなります。

このコラムは、旭川市教育委員会 学校保健課の協力により制作されました。