北の恵み 食べマルシェ
2020 ONLINEの開催に当たって

会長西川 将人

「北の恵み 食べマルシェ」は、1890年に旭川・神居・永山の3村が置かれてから120年を迎えた2010年に、これを記念するために行われたのが始まりで、北北海道地域の食が持っているさまざまな魅力の再発見や、新しい食との出会い、そして生産者の方々へ想いを馳せていただくきっかけの場とするとともに、多彩で豊かな食の供給基地である北北海道の特色を全国に向けて広く発信していくことを目的とした食のイベントです。

2011年からは9月の敬老の日を含む3日間を開催期間とし、毎年多くの方々にお楽しみいただき、北北海道を代表するグルメイベントとして定着してきましたが、2020年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、やむを得ずイベントの実施を断念したところであります。しかし、「食べマルシェ」の中止を惜しむ声は多く、また、生産者や飲食店などの食関連事業者については大きな影響を受けていることに鑑み、代替イベントについて検討を重ねた結果、この度、インターネット上で「北の恵み 食べマルシェ 2020 ONLINE」を開催する運びとなりました。

本イベントでは、参加店舗の情報ページで自慢のメニュー、テイクアウト・デリバリーの情報を確認することができ、新たなお店の開拓に役立てていただけるほか、飲食店のプレミアム付きチケットを購入していただく「食べて応援チケットコース」と、自宅にいながら通信販売で地域自慢の食をご堪能いただく「お取り寄せ応援コース」の2つの事業者支援プロジェクトや「食べマルシェオンライン」の運営に対するクラウドファンディングも実施します。また、実際に「食べる」ことだけではなく、食に関する情報、参加店舗の地域の情報、旭川にゆかりのある方からの応援メッセージや、子ども向けの企画など盛りだくさんに用意いたしましたので、是非,すみずみまでお楽しみください。

北の恵み 食べマルシェ実行委員会
会長西川 将人